トップへ戻る

恋活アプリで会う男性との初デートで行きたいところは飲み屋!

エンジニア女性とパソコン

 

はじめまして☆

 

エンジニアをしています、美咲と申します。

 

恋活アプリで出会った人と初デートで行きたいところは、二人で飲みに行きたいです!

 

中には「初めて出会ったよく知らない人といきなりお酒飲むの?危なくない??」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、これには理由があります。

 

私、とっても人見知りなんです。

 

例えば「カフェでお話し」とかだと、緊張してしまって何を話したら良いか分からないし、全然盛り上がらずに終わってしまうんですよね。

 

アルコールが入ると、ある程度リラックスして自分のことを話すことができるし、相手の話も引き出すことができます。

 

お互いのことをよく知るために、私は少しだけお酒の力を借りて、包み隠さずいろんなことを話して仲良くなりたいなぁと思います。

 

 

 

2回目はお互いリラックスをしているのでデートは水族館

 

1回目のデートでお互いのことが少しは分かっている状態になっていて、ある程度リラックスして話しをすることのできる状態になっていると思うので、2回目のデートはもう少し「デートらしい」ところに行ってみたいなぁと思います。
例えば水族館デートとか、素敵ですね♪

 

見るものがあるから、話題に困ることもないですし、見たものに対して相手がどんな感想を抱くかも分かる。

 

適度に会話をしながら一緒に楽しむことができるので良いと思います。

 

雰囲気がある場所なので、お互いの気持ちを高めて二人の距離を近づけるのに最適な場所なのではないかなぁと思います。

 

水族館は海の近くにあることが多いので、水族館を出た後に海を眺めに行くというデートコースもとっても素敵だと思います。

 

 

 

デート代は飲んリだり食べたりする量によって変わると思う

 

デート代を男性が支払うか、割り勘にするかは、「お互いの稼いでいる額」と、「食事を食べる量、お酒を飲む量」によると思います。

 

一般論で言うなら、男性の方が平均年収は高いですし、食べる量も男性の方が多いと思われるので、「男性の方が少し多目に払う」ケースが多いのかなぁと思います。

 

ただ、必ずしもそうとは言えないでしょうし、「払ってもらって当然」なんて考えているわけではありません。

 

お互いの無理の無い範囲で、お互いの納得行く額を出し合えるのが理想だと思います。

 

私の経験談になるのですが、昔お付き合いしていた男性が、あまり経済的に豊かな方ではなかったので、「支払いは割り勘で。」というルールを二人の間で設けました。

 

それ自体は全く問題なかったのですが、例えば、飲みに行って、彼が3杯お酒を飲みました、私が2杯お酒を飲みました、お会計が4000円でした、と言うときに、この彼はきっちり2000円を私に渡してきました。

 

これはちょっとおかしいんじゃないかなぁ…と私は思いました。

 

確かに「割り勘」なのかもしれないですが、自分が明らかに相手よりも多く飲んだり食べたりしているときは、多目に払うのが常識なのではないかと私は思います。

 

なので、私の方が多く食べたり飲んだりしたときや、私の希望でどこかにデートに行ったときには、逆に私の方が多く支払うこともあります。

 

お金のことは後々のことを考えても重要な問題なので、きちんと話し合って、お互いの納得の行く形にしたいです。

 

 

 

美咲が思うデート中にされるとイヤなことはケータイいじり

 

デート中に相手にされて嫌なことは「ケータイをいじる」です。

 

これ、最近では当たり前のようにやる方が多いんですが、私としてはあまり気分が良くないですね。

 

全くケータイに触るなと言っているわけではないんです。

 

何かどうしてもケータイをいじらなければならない理由があるなら、「ごめん、ちょっとケータイいじるね」とか、「連絡返さないといけないから、ちょっと待ってね」とか、一言断ってほしいなと思います。

 

そうしてくれれば、目の前でケータイをいじっていても何も文句は言いません。
逆に、一緒にいるときにされて嬉しいのは、「一緒にいるのが楽しい」と言葉や態度で表現してくれることですね。

 

これは男性側も同じだとは思うのですが、不安なんですよ、「私といて楽しいのかな?」って。

 

特に恋活アプリで出会った場合、相手のこれまでの恋愛傾向を知らないことが多いと思います。

 

どんなタイプの異性が好きで、好きな人に対してはどんな態度を取るのか。

 

だからこそ、「あなたといて楽しいよ」、「あなたのことが好きだよ」ということを言葉や態度で表してくれるととても安心します。

 

私が前に実際に嬉しかったのは、デートの別れ際にお相手と一緒に信号待ちをしていたとき、お相手が「このまま信号が変わらなければ良いのに。」と言ってくれたことです。

 

その方はあまりはっきり「好きだ」とか言うタイプでは無かったのですが、その一言でまだ一緒にいたいという気持ちが伝わってきました。

 

 

 

告白は3回目のデート!ここで相手の好感度が分かるから

 

告白は、3回目のデートくらいでしてほしいなぁと思います。

 

恋活アプリでの出会いの場合、相手のことを何も知らない状態からのスタートなので、あまり早く、1回目や2回目のデートで告白されてしまうと、「私のことをまだほとんど知らないはずなのに、…もしかして誰でも良いのかな?」と不安になってしまいます。

 

「彼女がほしい」という目的だけが先にあって、それに見合う女性を選定しているような男性は、私は正直あまり良い印象は抱くことができません。

 

恋活アプリでの出会いは、もちろん、「恋人がほしい」という理由があってアプリを始めているのは理解しているのですが、あくまでもアプリは興味を持った相手と出会うキッカケにすぎません。

 

そのキッカケから始まって、いろんな方を見るなかで、特定のお相手に興味を持ち、好意を抱く。

 

「私のことに興味を持ってくれている」→「だから、私とだから付き合いたい」という考えをお相手に持っていただけるのが理想です。

 

しかし、逆にあまりに引き延ばされてしまうと、他の人と天秤にかけられているのではないかという不安に駆られてしまいます。

 

もし、3回目以降も様子を見たい、まだ告白には早いと思うのであれば、

 

  • あなたに対して好意は持っているのだということ
  • でも、まだお互い知らない部分もあるし、付き合ってすぐに別れることはしたくないので、時間をかけて関係性を育みたいこと

 

などを素直に、率直に伝えるべきだと思います。

 

 

 

恋活アプリで複数交際は有り!でも注意点もあると思う

 

恋活アプリを利用するに当たって、複数のお相手を同時進行させること自体は悪いことではないと思います。

 

相手がどんな方なのか分からないのに一人だけに絞るというのは、仮にその方と上手くいかなかったときのことを考えるととてもリスキーだと思うからです。

 

恋活アプリを利用する以上は、一人の方とある程度関係性が進むまでの間は、同時進行させても良いのではないでしょうか。

 

ただ、最低限のマナーとして、同時進行させていることを相手に伝えてはいけないと思います。

 

「同時進行している人が他にもいる」と伝えることは、「あなたにはあまり興味がありません」と言っていることと同じだと私は感じます。

 

私が以前に恋活アプリを通して実際に体験したことです。

 

お相手とは毎日LINEでのやり取りをし、時間があるときには電話をするような仲になっていました。

 

お相手も私に興味を持ってくれているんだなぁということを、なんとなく感じている時期でした。

 

既にマッチングしているのでお相手のプロフィールをアプリから見直す機会があまり無かったのですが、なんとなく見たときに、お相手のプロフィールが変更されていました。

 

そしてそこには、「遠距離でも大丈夫です、距離は気にせず話しかけてください!」と書かれていました。

 

私ではなくて、まだ他の女性との出会いを求めていたんだなと思うと、ショックでした。

 

このようにアプリは複数交際が思わぬ形で相手に知れることもあるので、その部分への配慮も必要だと思います。

スポンサードリンク

トップへ戻る