恋活アプリで付き合うまでの流れと成功させるポイントとコツまとめ

恋活アプリでお付き合い,流れ,まとめ

 

恋活アプリで付き合うまでの流れと、成功させるポイントについてのまとめです。

 

これから異性を探したい!イケメンや美人とお付き合いをしたい!彼女や彼氏がまずほしい!など、相手を探すのに人それぞと目的は違うますが、初めてマッチングアプリを利用するといっても、どのような流れでみなさんゴールをしているのか?ここが気になる人も多くいます。

 

利用する前にイメージだけをつかんでおきたい、または成功しやすいポイントを知っておきたい、このような事を考えることもあると思います。

 

 

何でもそうですけど、初めて利用するものはイメージをつけておく方が、後々上手くいく事が多いと思います。

 

要する頭の中でシュミレーションをしておくことで、流れがスムーズになってくるし、また成功もしやすくなります。

 

今回は、その恋活アプリを利用して、付き合うまでの流れと成功させるポイント、そしておすすめできるアプリなども紹介しますので参考にして下さい。

 

 

恋活アプリで付き合うまでの流れと成功させるポイントをまとめ

恋活アプリお付き合い,流れ,ポイント

 

恋活アプリで付き合うまでの流れと、成功させるポイントについてです。

 

まずはゴールをするまの大まかな流れのようなものがあるので、それを簡単に把握しておくと良いと思います。

 

 

  1. 登録アドレスの準備
  2. プロフィールの作成
  3. 恋活アプリを確認
  4. 年齢認証
  5. マッチングさせる
  6. メールをする
  7. デートの約束
  8. お付き合いをする

 

 

このような流れで恋活アプリで付き合う、ゴールをする感じになります。

 

 

恋活アプリへの登録アドレスの準備をしておく

 

まず最初に恋活アプリで必要になるのが登録アドレスです。

 

これはその利用するマッチングアプリによって変わってきますが、ほとんどはメールアドレスが必要で、またはFacebookアカウント、もしくはツイッターなどのアカウント、電話番号なども利用できることろがあります。

 

どちらにしても必須になってくるのは、メールアドレスなので、このアドレスを準備しておくようにします。

 

スマートフォンを持っている人は、何かしからのメールサービスを利用しているかもしれませんが、メインとは別に、マッチングアプリ用に1つ専用のメールアドレスがあると後々便利になってきます。

 

1つメイン以外のアドレスを作っておくこと安心することができると思います。

 

その専用アドレスは下記のものを利用すると良いと思います。

 

そして最近の恋活アプリは、Facebookを利用するものが多くなってきたので、これも利用まえに用意しておく事で、流れがスムーズになってきます。

 

 

 

恋活アプリに登録したらプロフィールの作成をする

 

そして恋活アプリの登録したら、次にすることはプロフィールの作成です。

 

ほとんどのものは選択式になっているので、すぐに作ることが可能になっています。

 

そして自己PRのところは特に大事になってくるので、ここはしっかりと記載しておくようにします。

 

実はプロフィールをおろそかにしてしまうと、マッチング率が下がってしまい、上手くいかない事が多くなってきます。

 

ここだけはしっかりとする作成するようにします。

 

 

恋活アプリに登録とプロフィールの作成が終われば中身を確認

 

そして恋活アプリへ登録とプロフィールの作成が終われば、ここで中身を確認します。

 

どのような人がいるのか検索をして探してみる、好みとなる人はいそうか、または操作性など、一通り利用してみて下さい。

 

中身を確認するうという意味は男性の場合が必要になります

 

マッチングアプリのほとんどは、女性の利用は無料ですけど、男性の場合は、有料である事ことがほとんどです。

 

でも登録すると、費用が発生するのではなくて、ほぼすべての恋活アプリは、無料会員と有料会員に分かれています。

 

男性の場合は、最初はどの人も無料会員からスタートしますので、最初に中身を確認してほしいという事です

 

無料でも検索できるし、相手のプロフィールを見ることができますし、中には1通だけ相手にメールをする事が無料なものがあります。

 

大体はメールをする手前までを利用する事が可能になるので、その確認という意味になります。

 

 

恋活アプリを本格的に利用する場合は男女とも年齢認証が必要

 

そして選んだ恋活アプリを本格的に利用するには、年齢認証が必ず必要になってきます。

 

18歳未満でない事の確認になりますが、免許証や保険証、パスポートやマイナンバー、年金手帳など、公的な書類で年齢の確認をします。

 

何かかしらはあると思うので、また必要なのは、そのアプリで説明してくれますのですぐに分かります。

 

写真を撮ってスマートフォンやパソコンから送ればすぐに完了します。

 

 

 

恋活アプリはマッチングさせるところから始まる

 

そして恋活アプリは、マッチングさせることころからスタートさせます。

 

ほとんどは「いいね」をするだけです。

 

検索をして気になる相手にいいねをして、相手からもそのいいねが返ってくるとマッチングが成立して、メール交換へとなります。

 

このマッチングさせるときのポイントは、先程も話したプロフィールの作成にかかっています。

 

ここが入口になってきますので、ここが不十分であると、マッチング率が下がってきます。

 

ここはとても重要です。

 

中にはプロフィール写真を登録していない人もいるのですが、これではマッチング率は下がってきます。

 

もし恥ずかしい場合は、何か別なもので代用してでも載せておくようにします。

 

代用するものは何でも良いです。

 

できれば顔写真を撮って、真ん中だけ加工して見えないようにするだけでもかなり変わります。

 

最悪風景なのでも良いですが、顔写真は載せるようにします。

 

 

 

マッチングしたらメール交換をする

 

そしてマッチングが成立すれば、いよいよメール交換という事になってきますが、ここからはお互いの交換のしかたで次のステップにいけるのか、いけないのか分かれてくる事になります。

 

マッチングができるという事は、その後もマッチングさせる事が可能なわけけですから、失敗をしないでまずは自分の感性でメールをしてみる事をオススメします。

 

ポイントはマッチングさせた方から必ず声をかけることです。

 

相手からいいねをもらった、そして自分もいいねをした、この場合は自分からマッチングを成立させた事になるので、コチラから挨拶なりお礼なりしてメールを送ります。

 

そしてメールはどのくらいやり取りをすれば良いのか?という事ですが、これは相手によって変わりますので、何日という明確な日数はありません

 

ただ傾向としては、1週間ぐらいで相手を誘う傾向が強く、そのぐらいの日数が目安的なものになってきます。

 

でもあくまでも相手の気持ちがあっての事なので、中にはそれ以上メールをしないと会うのに安心できない人もいます。

 

メールをしていると、お誘いするタイミングが必ずありますので、そこを見極めてお誘いをするようにして下さい。

 

でも流石に1ヶ月もメール交換をするのは長すぎです。

 

長くても2週間以内ぐらいです。

 

そして約束したら、デートをするまでに日数があるので、これは今まで通り毎日メールをしておくと安心だと思います。

 

 

 

恋活アプリでメールからデートの約束をする

 

そして1週間ぐらい、または相手がどこかに行きたいなどのメッセージがあれば相手をデートにお誘いします。

 

デートをする場所は、相手の好みとなるところ行くことがベストになります。

 

最初はレディーファーストとで、もし自分の行きたいところがあっても、女性側の行きたいところに行く方が成功しやすくなってきます。

 

カフェであれば、カフェに行く、映画が観たいのであれば映画に行く、これは相手に聞くと分かりますので、相手のプロフィールを参考いしながら聞いておくと、デートプランを立てやすくなってきます。

 

1回目で満足させる事も大事ですが、その後のデートの事も考えて、腹八分目になるくらいにしておくと成功率は上がると思います。

 

 

そして告白をしてお付き合いをする

恋活アプリ,告白

 

そして告白をしてお付き合いをする事になりますが、何回目のデートで告白をすれば良いのか?

 

ここも自分の感性だと思って下さい

 

回数ではなくて、あくまでも相手の気持ち次第です。

 

よく2回目が良い、イヤ3回目が良いなどとありますが、これは失敗しやすくなります。

 

恋活の場合は、特に相手女性が「好きだ」という感情が湧かないと、告白にOKはしてくれません。

 

焦る必要はなく、何回かデートをしてそこを見極めて下さい。

 

ここはとても大事で、自分に少しでも恋愛感情ないとお断りを受けることになります。

 

という流れで恋活アプリでお付き合いする感じです。

 

そしておすすめできるアプリでいうと、ランキングにまとめたものがオススメになりますので参考にして下さい。

 

まず外さないと思います!

 

スポンサードリンク

トップへ戻る