恋活アプリで出会えない理由と対策しなければいけないところ

恋活アプリ,出会えない,対策

 

今は恋活アプリを利用して、異性との出会いを探すことは、もう普通のような感じになってきました。

 

スマートフォンが普及したおかげもありますけど、そこからアプリとしてダウンロードして、彼氏や彼女を見つけられるような時代です。

 

それまでは、異性を探すとなると友達からの紹介、または職場を通じてなど、そのようなルートだったのですが、今は自分一人の行動で、どうにでもできるような感じです。

 

気軽に利用できるところもメリットになりますが、そしてアプリをダウンロードして、早速登録して利用開始。

 

でも恋活アプリを利用しても出会えない!とうい人も中は多くいます。

 

これは婚活アプリを利用してもこのような事は良くある事です。

 

せっかく張り切って行動をしたは良いけど、こうなってしまうと、テンションは一気に急降下!

 

そのような事もあるのが現状ですが、出来ればそれは避けたいところだと思います。

 

今回は、そうならたいための対策方法をまとめていますので、参考にして下さい。

 

 

恋活アプリを利用しても出会えない理由と見直すところ

恋活アプリ,出会えない,NG事項

 

恋活アプリを利用しても出会えない理由は、実は人それぞれと違ってくるのですが、ちょっとした事が理由で、そのようになっているケースも多くあります。

 

出会えない理由に、多く共通することもあるのですが、そうでもない事もあります。

 

ただそれはその人でないと分からないことですが、出来るだけ細かく原因のようなものをまとめてみます。

 

 

  1. プロフィール写真がない
  2. プロフィールに顔写真がない
  3. プロフィール写真が汚い
  4. プロフィールに抜けがある
  5. 自己PRが短い
  6. 高望みをしている
  7. 恋活アプリの機能を知らない
  8. メッセージ交換に問題あり

 

 

このような事がほとんどだと思います。

 

一つずつ見直しをしてほしいのですが、こここを見直すことで今までよりは足跡やいいねをもらいやすくなってきます。

 

全部当てはなるわけでもないと思いますが、このどこかに原因があることで、相手と会うところまで行くことができません。

 

男性も女性も恋活アプリを利用する理由は「異性とお付き合いする人が欲しい」ここが目的であって、そこは全員一致しているわけですから(中にはそうでもない人もいる)後は、価値観を合わせるだけになります。

 

そこを一致させていくには上記の事がとても大事になってきます。

 

そして見直していくことで、今まで恋活力が10%ぐらいしかなかったものが、30%になったり、また50%となり、相手を引き寄せることができるようになってきます。
「いかにコチラに興味を引かせるのか」ここがとても大事なポイントになってきます。

 

最も必要になるプロフィール写真がないと出会えない

 

これは安定してしまっている人もいるのですが、全くプロフィール写真を載せていない事があります。

 

恋活アプリによってはアバターなどの顔写真を載せることができるものがありますが、プロフィール写真というのは、入り口であって、ここを一番最初にどの人も見ることになります。

 

その大事な入り口になるところに何もなければ、相手にアプローチをしてもここで離脱してしまう事になります。

 

これはもう常識の範囲になるので、ない人は必ず載せることが必須になります。

 

プロフィール写真が風景などになっていると出会えない

 

そして上記の何もない状態よりも、まだ良いことになりますが、写真がではなくて、風景やその他のものになっている事も多くあります

 

これはとても多いのではないでしょうか。

 

風景、または動物の写真、その他ものなど、とにかく顔でない写真を載せている人がいます。

 

何かしらのコンプレックを持っていることが多いのですが、人は元々何かしらのコンプレックスを持っているものです。

 

ここは自分の顔にするようにして下さい。

 

100歩譲って、顔の一部だけを隠した方、まだ良い方向にいきます。

 

例えば顔が分からなく会っても、最終的には見せることになりますので、そこで好み人かそうでもない人なのかを判断されてしまう事になります。

 

どうしても見せることができないのであれば、100歩譲って自己PRにところにマッチングしてから見せることを記載しておくようにして下さい。

 

それであれば、まだ可能性はあります。

 

 

プロフィール写真が汚い出会えない率が下がる

 

そして恋活アプリでは、プロフィール写真を載せていても、それが汚いことでも出会えない率、相手を引き寄せる率が下がってくる事になります。

 

婚活では特にそうですけど、写真の何が大事かというと、その写真の出来栄えです。

 

ですので、1回何万もするプロのカメラマンに頼んで写真を撮ってもらうほど、婚活の場ではプロフィール写真の見栄えを気にします。

 

恋活も同じで、この写真が汚い、またはぼやけている、中には白黒や免許書の写真をそのまま利用している人もいます。

 

明るさがポイントになるので、天気が良い日に日差しがある窓際で写真を撮ることで明るさのある写真を撮ることができます。

 

使いまわしができるので、まずは納得がいくまで撮り直しをするようにしてみます。

 

 

サブのプロフィール写真があると出会える率が上がる

 

そしてプロフィール写真以外に、サブの写真を登録できる恋活アプリがたくさんあります。

 

このサブの写真を載せることでも相手を引き寄せやすく、そしてマッチングさせやすくなってきます。

 

数枚で良いので、1枚は自分の他の写真、趣味の写真、好きな写真、このようなものがあることで、その人をよりイメージさせるのと同時に、真剣度を相手に伝えることができます。

 

興味を持った人には、色々と相手の事が知りたくなるものです。

 

このようなところで付加価値をつけておくことで、さらに印象が良くなってきます。

 

 

 

恋活アプリの詳細プロフィールはとても大事!抜けがないかチェック

 

そして恋活アプリの詳細プロフィールは、とても大事になってきますので、抜けがないのかをチェックしてみて下さい。

 

詳細プロフィールというのは、地域や身長などの基本プロフィールとは、また別枠であるプロフィールの事です。

 

出会いの目的、デートの支払いはどっち?趣味は?などの詳細項目に抜けがある人がいます。

 

ここ自分の内面的なところを答えるところになります。

 

その内面を少しでも相手に知ってもらう事で、安心感や興味を持ってもらいやすくなります。

 

特に男性に抜けが多く、ここはしっかりと埋めておくようにします。

 

ほんのちょっとしたことですが、このようなところで差ががついてきます。

 

これだけでも引き寄せ率、10%ぐらいは変わると思って下さい。

 

 

人柄を伝えるための自己PRが短いと出会えない?

 

そして人柄を唯一伝えることができりる自己PRが短いと、恋活アプリでは
出会えない率が上がってくる事になります。

 

ここが短いのと、長いのではかなり変わってくると思って下さい。

 

なぜ短いとダメかというと、やはりその人の人柄が見えてこないからです。

 

プロフィールというのは、あくまでもその人の表面上のような事しか分かってきません。

 

興味がる相手の知りたいことは、その相手の本心であって、その人がどのような人柄なのかです。

 

そしてその人の本当の目的です。

 

ここで自己PRが短いと、その人の性格かもしれませんが、そのように伝わってしまうと同時に、真剣さを伝えるのにも不十分になります。

 

例えば「出会いがないので登録しました。よろしくお願います」のような、このような自己PRであれば、相手は本気度とその人の人柄のようなものが見えてきません。

 

利用した目的もさらに具体的にして、さらに自分の性格などをアピールしておくと良いと思います。

 

できれば100文字、最低でも50文字以上は記載すると、かなり相手の見方、印象が変わるはずです。

 

 

 

高望みをしすぎるとマッチングが上手くいかない!

 

そして高望みをしすぎるとマッチング率は極端に下がって、出会えない事の方が多くなってきます。

 

これは分かると思いますけど、恋活アプリによっては、相手の人気度が分かるものがあります。

 

その人気がある人にアプローチをしても良いですが、成功率はかなり下がってくると思います。

 

身の丈以上になりすぎない程度で相手を選んで、アプローチをした方がマッチング率も上がり、出会いも見込めるようになります。

 

あまり高望みをしないようにする事も大事な要素になってきます。

 

いいねをする人をむやみ写真だけで判断しても意味がありません。

 

しっかりとプロフィールを確認して、本当に自分に合う人なのかを一度考えてからアプローチをするようにします。

 

 

恋活アプリの機能を知らないと出会えない率が下がる

 

そして利用している恋活アプリの機能を使えていない事も出会えない理由の一つになる事があります。

 

人って色々な価値観を持っていますが、例えばオタク気質、体系で言うとぽっちゃりをしている、何かしらのコンプレックスを持っている、そのような事は良くあることです。

 

それを解消するための機能が、マッチングアプリに備わっている事があるので、利用してない人は利用するようにします。

 

これはコミュニティということになりますが、中にはコミュニティないものも存在する事は確かなことです。

 

でもあるのであれば、自分が当てはまるものに参加することで、プロフィールにもそれが反映されるようになるで、より価値観を合わせやすくなってきます。

 

オタクであれば「オタク」というコミュニティに参加しておく、ぽっちゃり女性であれば「ぽっちゃり」というコミュニティに参加しておく、これだけでもチャンスを広げることができます。

 

同じ価値観を持っている人が集まる場がコミュニティになるので、この機能が備わっているところは、積極的に参加す.るようにしましょう。

 

ここまでの事を見直していくと、いいねがついたり、または足跡の数なども増加してくると思います。

 

要するにマッチング率が上がることになりますが、マッチングができれば次に大事になるのがメッセージ交換という事になります。

 

 

メッセージ交換に問題ありで出会えないことも良くある

 

そしてマッチングをしても、メッセージ交換に何か問題があり、相手と出会うところまでいかない人も多くいます。

 

ここで必要なのは、相手の連絡先を聞くことではありません。

 

中にはLINEのIDを何とか聞こうと必死になる人がいますが、これはかえって相手を警戒させていきます。

 

プライベートな連絡先を交換するには、それなりの理由が必要だと思ってください。

 

また聞かない方が上手くいくケースの方が多いと思います。

 

会って仲良くなって、気の知れたような友達のようになってから教えるのであれば、相手も教えやすいですけど、まだ友達でも何でもない人と、ラインなどの連絡先を教えることは、とても不安に思うわけです。

 

そもそも女性は、この恋活アプリを利用すること自体に不安を持っている人がほとんどです。

 

真面目な女性ほど、その不安は大きいと思って下さい。

 

その不安がある中で、さらに追い打ちをかけるような事をすることで、信頼性を失ってしまい、相手と「出会えない」という結果にもなりやすくなります。

 

メッセージ交換で一番大事なのが、相手と仲良くなることであって、または不安を消すことが最も大事な事になります。

 

その不安がないのであれば、極端に言うと次の日でも会うことができるわけです。

 

それを消すための事をしないで、さらに不安をあおるような事をしても会う確率は下がってきます。

 

大丈夫です。

 

会ってからであればしっかりと教えてくれますし、そうすることで紳士的な印象を与えることができます。

 

メッセージの頻度は、1日に1時間か2時間ぐらいの頻度で良いと思います。

 

相手にも仕事があると思うので、それはプロフィールを見れば分かることですから、そこをしっかりと見て、相手の都合の良い時間帯にめがけてメールをするようにします。

 

そしてマッチングをしてから最も大事な事は、すぐに返信することです。

 

 

恋活アプリでライン交換をしなくてもデートに誘う方法がある

 

 

20分も30分もしてから1通を返信するようであれば、相手はコチラに興味がないと思い、そこでメールが終わってしまう事が良くあります。

 

詳しいことは、上記にまとめているので、そちらを参考にしてもらうと対策方法が分かると思います。

 

 

恋活アプリで異性と出会えない!その理由とまとめ

 

恋活アプリで異性と出会えない理由と、その対策について記載しましたが、マッチングがしない人は、まずは足跡を増やすことを考えるようにしてみて下さい。

 

足跡機能は、一部を除いてどの恋活アプリでもついている機能です。

 

ここに誰かしからの足跡があるのであれば、興味を持ってもらっているのは確かな事なので、後もう少しぐらいに考えていれば良いと思います。

 

でも上記の事を見直すことで、さらに足跡数も増やすことが可能になってきます。

 

その足跡がついた人にアプローチをする事でもマッチングは高くなってきます。

 

そして後はメッセージ交換という事になりますが、ここではとくかく「安心感」そして「価値観を合わせる」ここに尽きます。

 

この2点だけを抑えておければ、恋活アプリで「出会えない」という事は、ほぼなくなると思います。

 

このような流れでまずは試してみて下さい。

 

ただそれでもあまり思わしくない場合は、利用しているマッチングアプリを変えてみることも一つの方法です。

スポンサードリンク

トップへ戻る