恋活アプリで異性と会うまでにする事とデートの約束をするまで!

恋活アプリ,会うまで,デート,成功

 

恋活アプリで異性と会うまでの流れと、失敗のないデートの約束をする方法についてです。

 

初めて利用する人は特にそうかもしれませんが、イマイチ会うまでの流れのようなものが見えてこない、または利用しているけど、デートの約束までする事ができない、という人も多くいます。

 

これはよーくあることで、恋活の場でなくても、婚活の場でもこのような事は良くある事です。

 

よくよく考えると分かると思いますが、100発100中のような人は、ほとんどいませんので、少なからずその過程で失敗はあるものです

 

でもその失敗も多いのであれば、できるだけ少なくしたいと思うのが正直なところです。

 

という事で、恋活アプリで会うまでの流れと、失敗の少ないデートの誘い方についてです。

 

 

恋活アプリで会うまでの流れと抑えておべきポイントとは?

 

恋活アプリで会うまでの流れと、抑えておくべきポイントについてですが、まずは流れのようなものを把握しておきます。

 

 

  1. マッチングさせる
  2. メールをする
  3. デートの約束をする
  4. つなぎのメールをする
  5. 目標達成!

 

 

という流れになります。

 

ぱっと見た感じは、そんなに難しいことではないようにも感じますが、この過程のどこかでつまずく事が多く、最後のデートまでいかない、またはデートの約束をしてもすっぽかしをくらう、このような事があります。

 

これをどのようにすると上手く行くのかは、究極に結論をまとめると「その人の感性」になってきます。

 

相手は性格も価値観もバラバラなわけですから、Aという人の性格に対応させるのと、Bという性格の人に対応させるのでは、かなり変わってくるわけです。

 

そして女性側の対応と男性の対応も、また変わってきます。

 

実は答えがあるようでないのが恋活の場!という事になってきます。

 

そしてこれだけは言えますが、自分の目的とする事と、相手の目的にする事が合致しないと目的に対してズレが生じます。

 

ここを最後に一致させる事がスムーズな流れになってきますが、どのような事をしていけば良いのかをまとめてます。

 

 

恋活アプリで会うまではマッチングをさせる事が大事

 

 

恋活アプリで会うまでにする事と言うと、まずはマッチングをさせなければいけません。

 

これが出来ないとメールをする事すらできません。

 

ここはそんなに難しい事ではなく、誰でも出来ると思います。

 

ただ中にはそうでもない人がいるのも事実です。

 

その場合は、下記を参考にして下さい。

 

 

 

恋活アプリで会うまで大事なことはマッチン後のメール内容!

恋活アプリ,会うまで,メール

 

そして恋活アプリで会うまでに大事な事は、マッチング後のメールの内容になってきます。

 

実はここからが大事なところで、ここで何かしらの不安がある事で、デートの約束ができない、または約束をしてもすっぽかしをくらうというハメになります。

 

ここで大事な事は「相手の気持ちを考えること」です。

 

ここで付け刃的なテクニックのようなものを利用しても、後々成功する事はまずないと思った方が良いと思います。

 

極端に言うと、無理して誘ったような誘い方、または相手がNOと言えないような誘い方をすると、返事はもらっても後々すっぽかしをくらう、または直前でお断りのメールがくる、このような結末になると思って下さい。

 

ここ結構、誤解している人が多いのですが、相手を誘うのに説得するのでなくて、相手が納得して返事をくれたのかどうかになってきます。

 

逆の立場になると分かると思います。

 

例えば今日吐きそうなぐらい体調が悪いのに、上司が「飲みにいこう!」と誘ってきたとします。

 

あなたどうのように返事を返すのか?です。

 

「体調が優れないのでまた今度にでも良いですか?」と断ると思います。

 

この状況で誘ってもNOの返事が返ってくることは誰にでも分かると思います。

 

でも言葉巧みにすると、これを成功させる事ができます。

 

それをすると失敗するというわけです。

 

相手の状況が見えていない中で、いくら言葉巧みにしても、不安があるなかでのお誘いは上手くいかない事がほとんです。

 

これは営業をしている人であれば分かると思いますけど、言葉巧みに必殺トークをしても相手は物を購入してくれません。

 

言葉巧みにしても、その人にすでに信用がないために必殺トークも右から左に受け流されていますので購入してくれない事になります。

 

そして誘うという事は男性側の発想になってきますが、ここでのポイントは「相手の不安を消すこと」ここにつきます。

 

誘い方ではなくて、ここに徹することができれば、成功する確率が著しく上がるはずです。

 

女性は恋活アプリを利用するときに常にこのように思っています。

 

「不安」「危険」「こわい」

 

慣れている女性であればまた話しは変わりますけど、ほとんどの女性はこのように心の中で思っているわけです。

 

力という守る術が男性のようにはないので、この気持ちが強くなるわけです。

 

まずはここの気持ちを考えてあがことが第一優勢であって、それ以外の事は考えることはありません。

 

相手をここでいかに安心してもらうのか、自分は危険でない人間なのか、ここのアピールがいかにできるのかがポイントだと思って下さい。

 

ここが成功できれば、後はそんなに難しいことはありません。

 

ではどのようにするとその不安を安心感に変えることができるのかです。

 

 

女性の不安を解消するには引くことを覚える

恋活アプリ,安心感

 

女性の不安を解消するには、これは全体的な事になります。

 

プロフィール写真やプロフィールの構成、自己PRなど、ここからすべてスタートしています。

 

面接官の気持ちになると分かると思いますが、履歴書がいいかげんだと、あなたはどのように感じるのかです。

 

写真が白黒で張り方が曲がっている、自己PRも「がんばります」の一言、字は汚い、あなたがもし面接官であれば、この人を合格させようとするのかです。

 

多分しないと思います。

 

不安があるからです。

 

ここで言葉だけ巧でも成功はまずしません。最初にしなければけいなのが不安を消すことです

 

上記の例だとプロフィール写真もしっかりとする、自己PRも相手に伝わるように書き直す、字もキレイにする、このようにしていくことで不安が解消されてきます。

 

恋活アプリのプロフィールも同じで、ここをまずしっかりとしましょう。

 

そしてマッチングした時です

 

相手は、まだどのような人なのか分からないので、あなたに対して不安があるわけです。

 

その不安を消すには「引くことを覚える」そして「相手に合わせる」です。

 

積極的な事は良いことですが、その気持ちを持ちつつ、メールの内容は引き気味の内容です。

 

こちらが女性になったような気持ちになって接してあげる事で、安心感を感じます。

 

例えばマッチングしたら「こんにちは!」ではなくて「こんちは!もしよければ仲良くできれば幸いです」という感じで「もしよければ」という言葉を自然にメールの中に入れることで相手は安心感を覚えます。

 

最初は自分が少し引いた感じで接すると良いと思います。

 

そして相手の性格に合わせて接するようにすることをに徹します。

 

明るい感じであれば明るく、誠実な感じであれば誠実に、相手のテンションに合わせるようにすると安心感を感じます。

 

無理して笑わせる必要もなく、相手の性格に合わせていくわけです。

 

そんなに難しいことはでもなく、相手と友達になるような感覚で接してみて下さい。

 

自分の中の良い友達グループから、他の友達のグループに入るような感覚です。

 

学生の頃に仲の良い友達のグループに分かれていたと思いますが、その友達と話すときには何か違うものを感じていたと思います。

 

またそこの輪になごむように、自分もそれに合わせて接していたはずです。

 

感覚はそのような感覚です。

 

相手を誘うという気持ちではなくて、まずは仲良くなるように接してみます

 

そうすることで、相手はあなたに対して安心感を感じ、会っても良いという判断をしていきます。

 

ここで不安があるのとOKの返事をだしません。

 

 

恋活アプリでデートの約束をするのはとても簡単なこと!

 

そして不安がある程度、解消されていれば、デートの約束をしますが、上記の事ができていれば、どんな誘い方でも問題はありません。

 

食事に行きませんか?ここに行きませんか?など、何でもOKです。

 

ここで躊躇するようであれば、上記の見直しです

 

まだ相手があなたに対して、会うことへの不安が解消されていないと思って下さい。

 

ですので誘うことはそんなに難しことではありません。

 

強いて言えば「デートに誘っても良いですか?」または「お食事に誘っても良いですか?」など、引き気味に相手に答えをゆだねると返事がしやすいと思います。

 

実はここにちょっとしたテクニックが隠れているのですが、相手に答えを求めることで、2つの選択肢があります。

 

答えとして出てくるものは「もうちょっとメールをしてから」か「ハイ」このどちらかになってきます。

 

「もうちょっとメールをしてから」という事であれば、メールをすして不安を解消していければ良いだけです。

 

「ハイ」と答えたという事は、自分で選択をして自分の決心で決めた事になりますので、まずデートの約束を破ることはないと思います。

 

これを無理に押しつけがましくすると偽りの「ハイ」をもらう事になるので、他にもっと安心できる人を探されて、後で失敗をする事になります。

 

 

恋活アプリで会うまでにつなぎのメールをする

 

そして恋活アプリでデートの約束をして会うまでにする事は、つなぎのメールです。

 

なぜ必要なのかというと、ライバルがいるからです。

 

絶えず女性は他の男性からのアプローチがあるわけですから、そちらの方に心がいってしまわないようにつなぎもメールをします。

 

そしてここでのポイントは相手から連絡先を聞かないことです

 

ほとんどの男性は、ここの時点で相手から連絡先を聞こうとしますが、その逆をすることで、ますます安心感を与えます。

 

聞かなくても会ってから後で聞くことは可能なので、連絡先を聞かなきくても大丈夫です。

 

でも中にはポイント制での恋活アプリを利用している人もいると思います。

 

この場合は相手に正直にポイント制のため、メールをするとお金がかかることを相手に伝えると、教えてくれると思います。

 

そして月額制の場合で、どうしても相手から連絡先を聞きたのであれば、相手に聞いてみて下さい。

 

「自分の連絡先教えておきます?」と聞いて、相手がどのように答えるのかです。

 

「教えなくても大丈夫」という事であれば、連絡先交換を望んではいませんので、無理して交換する必要はありません。

 

 

恋活アプリで異性と会うまでにすることのまとめ

恋活アプリ,会うまで,まとめ

 

恋活アプリで異性と会うまでにすることをまとめると「相手に合わせる」ここが一番のポイントになってきます。

 

イメージは川の流れにのっていく、そのような感じです。

 

これを逆流しようとする、風の向きに逆らって逆の方法にいくことでミスマッチを起こしていきます。

 

これは自分の目的しか頭にないので、そのような行動になっていきます。

 

流れに任せるように接していくと、どの人であっても安心感を覚え、流れがスムーズになってきます。

 

相手があっての恋活なので、その相手の事を考えれる人は、マイナスになる事は、ほぼありません。

 

まずは流れに任せてコミュニケーションを取ってみて下さい。

スポンサードリンク

トップへ戻る