恋活アプリで結婚した人はいるの?今の現状とその真相まとめ

恋活アプリ,恋活サイト,結婚

 

恋活アプリで結婚した人はいるののか?という事ですが、実はたくさんいるので、次から次へと新しいものがリリースされている事になります。

 

今までは、2000年代は、出会い系アプリ、またはサイトなるものしか存在しませんでしたが、この場合は何でも有りのお付き合いのものが多かったような感じです。

 

この頃のものは、利用者が恋活だけを目的にしているわけではなくて、友達作り、メール友達、ただのお食事友達、そして恋人探し、さらには婚活、または男性が喜ぶであろうというサービスが付加されていて、どんな目的にでも対応していたアプリ、サイトが多かった事になります。

 

これは今でも健在ですが、ここからでも実際に結婚をした人はいるかもしれませけど、友達以上、恋人未満になるような事が多く、男性が特にそのような傾向で利用している人が多かった感じです。

 

それから数年してから何でもありの内容から、真剣な恋愛活動だけに限定されたものが次々にリリースされた事になります。

 

代表的なものでいうと、今では700万人近くの人が登録しているペアーズ、サイバーエージェントグループはたくさんの恋活アプリをリリースしていますが、タップル誕生、リクルートのゼクシィ恋結びや縁結び、Omiai、その他たくさんの恋活に限定したものが多くなってきました。

 

そしてスマートフォンは、今では誰でも持っている時代で、次第にサイトからアプリへと作り変わっていって、今ではそのアプリで恋活をしている人が多いという事です。

 

そのように恋活に限定されているものを、マッチングアプリとも呼ばれていますが、ここで出会い系アプリと差をつけているような感じです。

 

大手の企業が参入しているという事で、その安心感などからさらに利用者を伸ばしていき、恋活または婚活をしている人は、スマートフォンの利用からパートナー探しをしている人が多い事になります。

 

そして実際に結婚をしている人も多い事になります。

 

限定した事で遊びの要素が減っていき、真剣に婚活をしたい人と恋活をしたい人が集まるうようになったわけです。

 

そして同じ目的の人が集まる場になってきましたので、パートナー探しも簡単になり、さらに成婚している人の率も上がってきた事になります。

 

そこで今問題というか、その影響からちょっとした悩みになっているのが「親にどう説明をするのか?」そこがちょっとした悩みになっている人が多くなってきています。

 

親の時代になると、スマートフォンなどから結婚相手を探すなどは想像もつかない事なので、その説明をするのに困る人も中にはいる事になります。

 

これはすぐに調べると分かると思いますが、そのような悩みを持っている人が実際に恋活アプリ、またはサイトからパートナーを見つけて成婚するところまでになった事になります。

 

 

恋活アプリからでも実際に結婚した人がいる事が分かる!

 

実は恋活アプリからでも実際に結婚した人がいる事が分かります。

 

実は、その後どうなったのかを追っている運営会社も少なからずあるという事です。

 

代表的な運営会社では、ラブサーチなんかは有名です。

 

株式会社オープンサイトというところが運営をしていますが、ここでは、自社のアプリを利用して、その後にどうなったのかを調べています。

 

 

 

どのように調べているのかは、ラブサーチを利用して実際にパートナーが見つかった、または結婚できたという人を対象に、もれなく5万円分のギフト券をつけて取材を募っています。

 

そしてホームページを見ると分かると思いますが、ホームページには実際に結婚をした人や、カップルになった人の写真がズラリと並んでいます。

 

実はこれも条件にして、もれなくギフト券を差し上げている事になります。

 

要するに宣伝に利用したいわけです。

 

この恋活アプリからも分かるし、そして恋活の方ではなく、婚活限定のアプリの方ではブライダルネットが同じような事をしています。

 

少しこんがらがってしまいそうなのですが、インターネットからパートナーを見つけるものは2つに分かれます。

 

  • 恋活・婚活アプリ
  • 婚活アプリ

 

 

この2つに分かれています。

 

上記の方は、恋活と婚活、どちらの利用でも可能ですよ!という内容のもので、女性の利用の多くは無料で提供しているものになります。

 

そして下記については、婚活限定で、それ以外の要素はありませんよ!という内容のものです。

 

要するに恋活の要素を取ったもので、結婚したい人だけが集まってください!というアプリが婚活アプリになります。

 

この場合は、女性も有料での利用になってきます。

 

その婚活限定のアプリで、ブライダルネットという、自社でも結婚相談所を運営している会社でも、実際に結婚した人を取材して、ホームページ上に載せています。

 

 

 

このように全部の運営会社が取材のような事はしてませんが、中には実際に取材をして知れべているところもある事になります。

 

後は自分が行動する番だと思います。

 

でも恋活アプリについても、結婚相談所についても、婚活パーティーについても、あくまでも「キッカケ作りの場」という事になります。

 

どれを利用したから成功するという事ではなくて、最後はその人の人間性のようなところ、または縁などから決まってくる事になります。

 

ただインターネットを利用したものは、とてもスピーディーなために、とても効率が良い事になります。

 

スポンサードリンク

トップへ戻る