良く分からないけど恋活アプリを利用した体験談と感想まとめ

恋活アプリ,体験談,意味が分からない

 

今回の方は、ちょっと良く分からないというか、何を言いたいのかが管理者自信も理解できませんでした。

 

だれか分かる方はいるでしょうか?

 

とにかく意味が分かりません。

 

ただマッチングアプリを利用した体験をした事は書かれているのですが、質問に対しての答えにとにかくなっていません。

 

ちょっと不思議な内容というか、思考が読めないというか、相当な読解力がないと分からないかもしれません。

 

ただ世の中には色々な人がいる事が分かります。下記からがその内容です。

 

 

恋活アプリの体験談として、自分が恋活アプリを利用したきっかけの説明をします。

 

これは、会社の事業体の中の話だったのですが、おなじ同僚との付き合い方に悩んでいたころです。

 

ちょうど、同じアプリを使用していることが分かって安心しました。

 

もちろん、会社内部のコミュニケーションとは別にのはなしです。

 

これは、車内で変な噂がたたないようにするためと言われやすいですが、実はそうではなく、会社内部でそういった恋愛のはなしをしないという、規則を守るためにちょうどよかったのです。

 

つまり、仕事時はしごとだけの会話をするという、仕事自体の目的の為に集まっているので、変なモーションは不必要であるという考えです。

 

これは、社内規則にも該当するので、ちょうど外で会えるか会えないかの問題を確認しようとして、恋活アプリを使用しました。

 

もちろん、恋活アプリの規約も守りますので、変な恋愛の雰囲気はありません。

 

 

恋活アプリを利用したリアルな体験談をお願いします!

 

体験談の語られる恋活アプリはありますが、正真正銘のアプリでは、ただ連絡をし合うだけのものになります。

 

つまり、お互いの正真正銘の付き合い方をアピールするだけで、ほかの人たちのように、体験目的では使用しないのです。

 

これが、正式な恋活アプリの使用法で、もちろん、その脈ありなしという、低レベルな話をするものでもありません。

 

関係性は確認していて、いつどこどこでと打ち合わせをするものです。

 

もちろん、会社内の打ち合わせでは、そういった恋活はタブーになるので、会社内でもお互いの真っ当な話が、変にうわさされるのをお互いに嫌った形になります。

 

つまり、恋活アプリでは、通常のコミュニケーションを会社内でしたとしても、ほかの同僚が勘違いをするため、恋愛がしにくい状態にすぐになってしまうのです。

 

ですが、この外部でのコミュニケーションツールの恋活アプリでさえ、そういったコネクション的な使用法はしてはならないのです。

 

ですので、お互いの恋愛相談のような形で、こんどはなんの話をしようかという、それだけのツールになります。

 

そして、電話連絡をするかしないか、その携帯番号が明らかになるかどうかについても、そのほかの同僚とは一切関係がないというしるしになるのです。

 

つまり、会社でのタブーと、恋活アプリでのタブーを行わないという前提でのお付き合いをアプリを通して行いました。

 

要するに、お互いの連絡相談ごとだけであって、周りの人たちがうわさしているような、話の内容ではないのです。

 

恋活アプリを会社の外で利用するというのは、会社内を安全に保つためであり、そして、外の世界でも、お互いの関係や、お互いの関係性に疑いをもたれないため、そして、まっとうにつきあっていきましょうというアプリの仕様になります。

 

ですので、恋愛ゲームをやっていたという意識は、お互いに全くありません。

 

 

恋活アプリを利用したみてどうだったのか感想を教えて下さい!

 

恋活アプリの体験談としては、プラス・ポイントがたまるためにはコンプライアンス順守が基本であるという事です。

 

つまり、連絡先の交換方法に名刺交換があったとしても、会社内部ではそういったことは、一応タブーの意識のもとであるので、会社内連絡以外のアプリをお互いに利用するという手順になります。

 

このアプリを通して、ほかの人は、わるいほうこうに行く場合もあるので、アプリ・センターから締め出しをくらう人もいるかとは聞いています。

 

恋活アプリを、あいて狙いといった表現がばれてしまえば、即効センターから追放されますので、その正式な恋愛感覚のない人たちには、お互いの関係はシークレットにしたいのです。

 

ですので、直接コミュニケーションの連絡先という意味において、プラスポイントが有効に作用するのはそうですが、カップルお互いの審査過程において、その信頼性が重要なのです。

 

会社ではお互いに別室で仕事をして仕事の会話をしているだけ。

 

というお互いの説明に解ってくれる人がいないのがちょっと問題ですが、それでも、気になっている人と連絡を取り合うのに、外で。そして、外の世界でちゃんと話し合おうという、社会的なスキルが恋活アプリの求めていることになります。

 

もし会社内で狙い系でも内部の在留が危ういですし、そとの世界でも、狙い系ではやはり危ういのです。

 

この純正な恋愛として、純正な恋活アプリを使用しているという段階の人は意外と少なく、せっかくのポイントをみすみす逃しているのです。

 

うかつな発言をしてしまうと、うかつな行動にも出やすいのです。

 

正式な恋愛とは、ちゃんとしたコミュニケーションから始まります。

 

ですので、三段跳びをいきなりするような行為は控えなくてはなりません。

 

これがよくわかっていない狼系は、排除されるべきです。

 

恋活アプリは規則を守ることが重要で、正真正銘のこころが必要なのです。

スポンサードリンク

トップへ戻る