トップへ戻る

恋活・婚活アプリとマッチングアプリの違いを知らなく失敗する人が急増!

スマートフォンを操作する女性,マッチングアプリ

 

活アプリ、または婚活アプリ、そしてマッチングアプリとありますが、その違いを知らなく失敗している人が多いという事で、今回はこの件についてです。

 

これ良く分かるのですが、上記の恋活、婚活、マッチング、一体何が違うのが分かりづらいところがあると思います。

 

出会いがあるサービス、ここはイメージできると思いますけど、そこが多くの人が考えている共通してくるところになりますが、何が違うのかを知らないで利用してしまい、それが理由で失敗している人も多いとの事です。

 

せっかく出会いがあっても失敗続きであれば、やる気もなくなるかもしれません。

 

という事で、その違いについて今回は説明します。

 

 

恋活・婚活アプリとマッチングアプリの違いとは?

顔を隠す女性,マッチングアプリ

 

恋活アプリ、婚活アプリ、そしてマッチングアプリ、何が違うのかについてですが、最初にマッチングについて話すと分かりやすいと思います。

 

マッチングというのは、その出会いアプリの機能の1つのことで、マッチングさせて出会いを求めるという内容になっているわけです。

 

今までの出会い系アプリというのは、マッチングではなくて、直接メールができたタイプがほとんどでした。

 

例えば気になる異性を見つけて、その異性にアプローチをしたい、という事であれば、そのままメールを送ることができたわけです。

 

でもマッチング系のものは、それができなく、コチラも相手も承諾しないと、メールができないという内容になっているわけです。

 

今までメールを直接できていたものが、相手もそれを承諾しないとメールができなくなってしまったという事になります。

 

メールをする前の確認の意味になります。

 

これからお話しをしても良いですか?と、分かりやすくすると、その承諾を得るための機能という事になります。

 

具体的には「いいね」というボタンが用意されていて、もしAという異性とメールをしたいという事であれば、その「いいね」ボタンを押さなければいけません。

 

そして「いいね」すると、相手にそれが分かるようになっていて、コチラのプロフィールなども確認されて、同じく話してみたいという事であれば、相手もコチラに「いいね」を押すことになります。

 

そこで「マッチングが成立しました!」という事で、初めてメールができるようになります。

 

この機能がついているのがマッチングアプリと呼ばれるものになります。

 

今は、これが主流になっていますが、この言葉で失敗してしまった人も多いという事になります。

 

なぜマッチングアプリで失敗する人が多いの?

 

なぜマッチングアプリで失敗している人が多くなってきたのかは「マッチング」だけに着目してしまった人が多いからです。

 

マッチングというのは、先程も話した通りで、アプリの一つの機能のことで、出会いの目的とは、また別になります。

 

出会いといってもその人によって様々だという事です。

 

決して自分と同じ価値観を持っている人だけが、そのようなアプリを使っているわけではなくて、皆さんバラバラなわけです。

 

異性というよりも友達が欲しいから出会いを求めているという人もいれば、メール友達が欲しいからという人もいます。

 

ただ単にお酒を飲みに行きたいからという人もいれば、彼氏や彼女が欲しいという人もいるわけです。

 

そして結婚を強く希望している人と分かれることになります。

 

出会いの目的は、その人によって違い、また今の出会いアプリは、その目的の不一致を防ぐために分かれている事になります。

 

具体的に言うと、このような事です。

 

 

  • 多目的の出会いアプリ
  • お付き合いした人を探す出会いアプリ
  • 結婚を目的とした人を探すアプリ

 

このように大きく3タイプに分かれます。

 

この3タイプはすべて、マッチングアプリである事がほとんどになりますが、言葉だけに着目してしまうと、ここで失敗する人が多くなるのかはイメージできると思います。

 

マッチング機能というのは、上記の3タイプが含まれることになるので、これだけで使うアプリを選んでしまうと、失敗してしまう人が多くなる事が分かると思います。

 

例えば自分自信の最終の出会いの目的が結婚だったとします。

 

もしその場合、上記の3つのうち、どのタイプのアプリを使うと良いのか?という事です。

 

ここまで話すと分かると思いますが、「結婚を目的とした人を探すアプリ」を使うと良いことになります。

 

でもそこが理解できていなく、ただ単にマッチングという言葉だけで、使うアプリを選んでしまうために、多目的の出会いを求めている人が使うアプリを使ってみたり、または彼氏や彼女が欲しい人が集まるアプリを使ってしまって失敗してしまうわけです。

 

自分との出会いの目的が違う人が集まる場に参加しているわけですから、失敗してしまうのも納得ができると思います。

 

そして結婚をまだ考えていない人もいるわけです。

 

その場合は、結婚願望が強い人が集まる婚活アプリを使っても成功しない事は分かると思います。

 

さらに正確にしてまとめるとこのようになります。

 

  1. 多目的アプリ
  2. 恋活アプリ
  3. 恋活・婚活アプリ
  4. 婚活アプリ

 

この4つに分かれます。

 

今の出会い系アプリは、すべてマッチング機能付いているアプリになる事がほとんどですが、どの出会いを求めているのか、自分自身がハッキリとさせることが成功するポイントになってきます。

 

 

それぞれのマッチングアプリの傾向について

 

それぞれのマッチングアプリの傾向についてですが、このようになります。

 

  • 多目的アプリ

色々な出会いを求めている人が多く、カラオケ、友達、食事に行きたい、彼氏や彼女がほしい、結婚も視野に!このような人がバラバラに混ざっているのが、この多目的のマッチングアプリになってきます。

 

中にはコチラの「恋活アプリ!ワクワクメールのおすすめ度と特徴をまとめ」のように良質なものがあるのですが、どちらかというと、遊び目的の人が多いような感じになってきます。

 

男性ウケする内容ではなないでしょうか。

 

  • 恋活アプリ

これは純粋に恋愛をしたい、彼氏や彼女が欲しい、そのような目的の人が多く集まるマッチングアプリのことになります。

 

年齢によっても変わると思いますが、まずは恋愛をしたい!そんな人におすすめできるアプリになってきます。

 

他の出会い目的では、一切受け付けていない内容になります。

 

  • 恋活・婚活アプリ

これは恋活も婚活もできるマッチングアプリのことで、これは2手に分かれます。

 

恋愛を優勢したい人と、結婚を優勢したい人が混ざっているような感じです。

 

一番登録数が多いのが、この恋活・婚活アプリと呼ばれるものです。

 

両方の目的の人が多く集まりますので、人が自然と多くなります。

 

それに紛れて最近は、遊び相手を探す人もたまに混ざっています。

 

上記の2つを混ざたアプリで、おすすめできるものでいうと、下記にまとめたものになります。

 

 

 

  • 婚活アプリ

これは結婚が目的で出会うマッチングアプリの事で、結婚が目的でない人とは、会えない内容になっています。

 

男性も女性も有料になることがほとんどで、そのため男性も女性の質も良くなり、質の良い婚活ができます。

 

真剣に婚活を考えている人にオススメできるアプリになってきます。

 

 

 

恋活・婚活アプリとマッチングアプリの違いまとめ

 

上記で話したように、出会いの目的が人それぞれだという事がイメージできたと思います。

 

マッチングアプリといっても、幅広い意味を持つことが分かると思います。

 

まずは自分自身の胸に手を当てて、何の目的で出会いを求めているのか、そこをハッキリとさせる事が選び方の失敗と時間の浪費を防ぎ、成功への近道になってきます。

 

出会いを求めているといっても、目的が違う人と出会っても、効率が悪いだけではなく、中々目的の人と出会うことができないと思います。

 

なるべく自分の目的と近い人が多く集まる場に参加することが、失敗を少なくする基本になってきます。

 

また年齢が上がっていくと不利になる事も多くなってきます。

 

中には実感している人もいるかもしれませんが、時間は待ってくれませんので、なるべく無駄な時間を省き、効率が良い出会いを探した方が自分のためになると思います。

スポンサードリンク

トップへ戻る