恋活アプリでデートを成功させた40代女性の成功のコツとポイント

恋活アプリ,デート,,40代女性

 

40代前半の時に、恋活アプリに登録していた女性会社員です。

 

普段は全く見向きもされない私でも、登録するとすぐに「いいね!」や自己紹介のメッセージがたくさん届きました。

 

私は、いきなり知らない人とすぐにデートするのは好きではないので、最低でも1ヶ月メールをしてくれる人としかデートの約束はしませんでした。

 

デートまでのメールの回数は、15回くらいです。

 

デートの約束をした人は、主に犬を飼っていることと、食べ歩きが趣味という共通点がある人でした。

 

誘って欲しいなと思った人には、「おすすめのお店ってありますか?」と、質問して「今度、一緒に行きましょう」と誘いやすい流れを作るようにしていました。

 

過去の恋愛など重たい話はせずに、当たり障りのない楽しい話をするように心がけました。

 

本当は、食べ歩きは趣味ではないのですが、食べ歩きは話しが続きやすい話題ですし、デートに誘われやすいのでおすすめです。

 

 

 

1回目のデートの失敗は変な気遣いをしてしまったこと

 

恋活アプリで出会った男性との1回目のデートでは、いきなり夜会うよりも日中会った方がいいのかなと思い、仕事が休みの日曜日のお昼にホテルのレストランでデートをしました。

 

普段、ホテルのレストランで食事をすることがないので、お互いに緊張しました。
服装も、普段あまり着ない清楚なワンピースを着て行ったせいか居心地が悪かったことを覚えています。

 

でも、最初に男性の方から「お見合いみたいで緊張します」と言ってくれたので、リラックスして話すことができました。

 

食事の後は、スタバでコーヒーをテイクアウトして、ホテルの近くにある公園のベンチでお喋りしました。

 

こんなことなら、もっとカジュアルなお店にすれば良かったですね、とお互いに反省し、2回目のデートは会社帰りに男性がおすすめする居酒屋に行くことになりました。

 

無理に背伸びをしてホテルのレストランでランチデートをしたことで、「じゃあ、2回目は行き慣れたお店で..」と自然な流れで次回のデートの約束をすることができました。

 

2回目のデートでは、緊張することもなく1回目よりも楽しく話すことができました。

 

居酒屋では、お互いに日本酒が好きなので、色々な種類の地酒を飲み比べることができて交流が深まったと思います。

 

また、話の中で相手の男性が釣が得意で釣った魚をさばいて刺身にしたり、煮魚にしたりできると聞いて、「じゃあ、今度釣に釣れって下さい」と、釣りデートの約束もできました。

 

デートの約束をした後も、メールでこまめにコミュニケーションを取り、気持ちがあることをアピール。

 

この時点で、一緒に居て居心地がいい人だなと感じ、上手くいけば結婚するかもと直感。

 

3回目のデートでは、男性の運転で海釣に行きました。

 

魚は、全然釣れませんでしたが、釣り糸を垂れながらずっと話をしていました。
お昼は、私が作ったお弁当です。

 

夜遅くまで頑張って作ったお弁当のお陰で、かなり点数を稼げたと思います。

 

 

デートをして思ったことは聞き上手になると成功しやすいと思う

 

デートをして思ったのは、いくらメールのやり取りを繰り替えしても会ってみないと実際の人柄までは分からないということです。

 

メールでは、控えめな人だと思っていた男性が、実際に会ってみると堂々とした話方で、行動的だったりと見えない部分がたくさんありました。

 

とは言っても、ひらがなばっかりだったり、句読点なしのメールが来たらがっかりしますよね。

 

文面には、短くても相手の人柄が出るので、必ず何回かメールのやり取りをした方がいいと思います。そうすることで、相手の真剣度も分かってきます。

 

それからデートでは、無理に服を新調するよりも普段よりもちょっときれい目な服装が丁度いいのかなと思いました。

 

着慣れない服や靴は、行動がぎこちなくなって自然に振舞えなくなるからです。
より良い相手を見つけたいのは山々ですが、分相応な相手じゃないと話が合わないと感じたこともありました。

 

一度、歯医者さんとデートをしましたが、育った環境が違い過ぎて合わないなあと思ったことがあります。

 

初対面の人とは、何を話せばいいのか分からなくなりますが、私の場合は基本的に聞き役に徹して相手に喋らせる戦法で乗り切っています。

 

「うん、うん」と一生懸命相槌を打つだけでも、自分の話を聞いてくれていると好印象を与えることができます。

 

但し、相手も口下手だと変な沈黙が流れて気まずくなってしまいます。

 

そうならないように、私は事前に相手に質問することを10個以上考えておくようにします。

 

でも、1回だけ間違って彼女いない歴を聞いて「年齢=彼女いない歴です」と答えが返ってきて「うわ〜失敗した」と思いました。最初のうちに何でも質問してしまえと思って、質問しまくると嫌われてしまうので、気を付ける必要がありますね。

 

デート後は、すぐに「楽しかったです」とデートの感想と、ありがとうメールを送ると次のデートに繋がります。

 

楽しくなかった場合は、「今日は、上手く喋れなかった。ごめんなさい」とメールすると印象が良くなりますよ。

 

 

デートに関しての管理者からの感想と一言

 

今回の方は女性という事ですが、1回目のデートでかなり気遣いした事が失敗だったかと述べています。

 

あまり気合を入れ過ぎてもときには失敗する事もありますので、ここはバランスになってくるような感じがしています。

 

結局は行き慣れた場所へのデートに落ち着くようですが、1回目のデートはやはり全体的に8分目にぐらいにすると成功しやすと思います。

 

最初に全力をだしきると次がとても苦しいものになってくると思います。

スポンサードリンク

トップへ戻る